rbenv

rbenvをインストールする-Ruby

Ruby Article

Rubyのバージョン管理ツールであるrbenvのインストールの仕方をまとめていきます。

注意事項

rbenvはRVMと互換性がありません。rbenvをインストールする前に、必ずRVMを完全にアンインストールし、シェル初期化ファイルからRVMへの参照を削除してください。

参考:rbenv/rbenv

インストールの方法は大きく分けて以下の2通りの方法があります。

  • パッケージマネージャーを用いる方法
  • GitHubからクローンする方法

今回は、2つ目のGitHubからクローンする方法をまとめておきます。

GitHubからクローンしてrbenvをインストールする

GitHubから~/.rbenvへクローン

command
$ git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv

必要があれば以下のコマンドで、bash拡張機能をコンパイルしてください。rbenvの高速化が可能です。

command
cd ~/.rbenv && src/configure && make -C src

rbenvのパスを通す

以下にあるコマンドから自分の使っている環境(シェル)にあったものを実行し、rbenvのパスを通します。

bash
echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
Ubuntu
echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.profile
Zsh
echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.zshrc
Fish
set -Ux fish_user_paths $HOME/.rbenv/bin $fish_user_paths

シェルにrbenvを設定する

command
~/.rbenv/bin/rbenv init

シェルを再起動して、PATHの変更を反映させる

通常、一度シェルを閉じてまた開き直すことで反映されます。

rbenvが正しく設定されていることを確認する

以下のコマンドでrbenv-doctorを使って、チェックを行ってくれます。

command
curl -fsSL https://github.com/rbenv/rbenv-installer/raw/main/bin/rbenv-doctor | bash

ruby-buildをインストール

ruby-buildは、rbenv install コマンドを提供するrbenvのプラグインです。いくつかインストール方法がありますが、今回はrbenvのプラグインへインストールします。

ruby-buildには必要なライブラリがあるので、rbenv/ruby-buildを参考にインストールしておいてください。

command
mkdir -p "$(rbenv root)"/plugins
git clone https://github.com/rbenv/ruby-build.git "$(rbenv root)"/plugins/ruby-build

実行してバージョン確認してみる

command
rbenv -v

おまけ: rbenv-installer

rbenv-installerを用いることで、自動的にrbenv,ruby-buildをインストールすることができます。 下記のコマンドのあと、rbenvのパスを通すなど前述の設定・確認を行ってください。

bash
curl -fsSL https://github.com/rbenv/rbenv-installer/raw/HEAD/bin/rbenv-installer | bash